屋根カバー工法

2019年5月25日更新

重ね葺き(かさねぶき)や被せ工法(かぶせこうほう)などとも呼ばれており、既存の屋根材(コロニアルなど)の上に新しい屋根材を被せて張る工法。
既存の屋根材の撤去をしないため、処分の費用がかからず低コスト。
新しく張る屋根材は軽量であるガルバリウム鋼板を用いることが多い。

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics