工事業者の選び方②:
営業マンの「今日決めてくれたら、安くします」の裏事情。

2019年3月15日更新

今日決めてくれたら安くします
「今日決めてくれたら、●●円でいいですよ」
こんなフレーズは、買い物シーンではよくある話。これそのものは、悪いことではありません。
安くできてうれしいですし、得した気分にもなりますよね?
リフォーム業者も同じです。各社営業マンが、セールス活動の中でそんなフレーズが飛び出すことは、何も悪いことではないのです。
ただ、気を付けなくてはいけないシチュエーションもあります。

Point.1 

飛び込み営業の見積りには要注意

飛び込み営業の見積りには要注意
飛び込み営業の見積もりには、要注意です。
理由は簡単です。お客様から頂く工事費用の中に、「工事しない飛び込み営業マンの人件費が含まれているから」です。
 
飛び込みをしている会社が悪いとは言いません。しかし、経営上、従業員を雇って飛び込みをさせていたら、その分の人件費がかかります。
 
見積金額の中に、その人件費が含まれていることは、明らかです。

Point.2 

大幅値引きには要注意

大幅値引きには要注意
安くするのはありがたいことですが、当初の提示金額から、大幅に下がる場合、注意が必要です。
なぜなら、値段が下がるということは、利益を大幅に含む見積だった、ということです。
 
逆に考えると非常にわかりやすいです。150万円の見積もりが今日決めるなら100万円といわれた、ということは、100万円でも、利益があるから、それでやるのです。
 
つまり、当初の金額は50万円以上の利益を含めて出していた金額、ということになります。
 
もっと言えば、実際の工事の価値は100万円以下、ということになります
 
値下げの理由もいろいろあるとは思いますが、まずはその値下げ幅に注意してください。

Point.3 

即決で考える余地を与えない

即決で考える余地を与えない
即決を迫るも一つの理由が、考える余地を与えないということです。
一度決めてしまってから、やっぱりやらない、やっぱり他の施工店にするということは言いにくいですよね?
また、一度提案を保留にしてしまうと、ほかの営業会社から横やりが入り、成約率が下がることも理由の一つです。
 
即決を迫る営業マンの一番の理由はそこです。もちろん、会社から、数字のプレッシャーがあったりと、背景はいろいろあるとは思いますが・・・。
 
一生懸命な営業マンをみると、つい、いい返事をしたくなるお気持ちはわかりますが、毎日住む、ご自身のお住まいです。しっかり考えて、見極めて頂きたいと思います。
厳しいお話ですが、営業マンがいかに巧みであっても、そこの会社と契約することを決めるのはお客様です。
一生懸命な営業マンをみると、つい、いい返事をしたくなるお気持ちはわかりますが、それでお客様が後悔することになるのは、本末転倒です。

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics

おススメの外壁塗装店

神奈川県の外壁塗装店 神奈川塗装工業
千葉県千葉市の外壁塗装店 (株)四葉建装
長野県の外壁塗装店 (株)LOHAS
栃木県の外壁塗装店 (株)ホーム・ビューティー
群馬県の外壁塗装店 マチダ建創
埼玉県の外壁塗装店 さいたま塗装本舗